新緑の下で輝いて! 夏まであと少し 気持ちを上げる初夏ソング

 この間、私の住む街で、青葉祭りという祭りが開催されました。毎年5月、新緑のまぶしいこの季節、「すずめ踊り」という伝統的な舞踊を、老若男女、所狭しと扇を翼のように操りながら披露します。ずっと、夏が始まる直前に行われるこの祭りは、私の街の密かな風物詩でした。コロナの影響で、昨今中止が続き、満を持して3年ぶりの開催となったのです。まだまだ、県内の感染者の状況など、安心できない情報もありますが、それでも、私の街で、久しぶりに祭りが開かれたことは、どこか、心躍るようなことだったりするのです。

 そこで、今回は、夏まであと少しのこの時期、新葉の下でエネルギーを蓄えている私たちに、更にエネルギーを注入してくれるような初夏ソングを選んでいきたいとおもいます。

 

まず、この間Spotifyで見つけたこちらの曲からご紹介。

Kahi dreamsで「Sunkissed」。

youtu.be

 

MVはどこか、不穏で幻想的な夢の中を思わせます。歌詞は直球のラブソングですね。

ただ、純粋に好きな人の力になりたいと願う。太陽の光が鋭く感じられるような、どこか突き抜けた世界観を感じます。初夏から夏にかけて、太陽の上がってくる時間帯にこの曲をかけて、気持ちにスイッチを入れてみてはいかがでしょうか。

 

 そして、88risingレーベルから、異色のコラボが誕生。

宇多田ヒカルとWarren Hueで「T」。

youtu.be

 

曲の中に登場するのは、仕事も恋も、張り切り過ぎて、少し無理をしている彼と、そんな彼を優しく見守り、愛で包み込もうとしている彼女。大人の珠玉のラブソングですね。宇多田ヒカルと言えば、忘れもしない、「Automatic」でデビューを果たした時は、彼女自身も早熟で、尖ったものを感じていました。しかし、時間が経ち、彼女は、自分の息子と言ってもいいくらいの男性と、こんなに大人な世界を歌で表している。

なんだか、とても、感慨深くなる瞬間です。

この曲を聴きながら、大切な人を思って料理をしてみるのも、悪くない、そんな気持ちにさせられますね。

 

 さて、軽快なチューンで、ドライブにもってこいなのは、

Khalidで「Skyline」。

 

youtu.be

 

君が僕の腕をとって、車に乗り込めば、なんだかとてもワクワクして、宙に浮かんでいる気持ち。非合法なものの作用のように夢心地になれる。君となら。

サウンドもウキウキしたものが感じられる心地よい曲。MVも、新緑の季節の中、踊りだすKhalidとダンサーたちから、躍動感も感じられます。そのまま、車のCMに使われてもいいような、そんな軽快なナンバーと言えるでしょう。

 

 そして、浮かれた気分の中、家に戻り、曲をかけて、のんびりすごしたいときには、こちらはいかがでしょうか?

tofubeats で「Smile」。

youtu.be

 

街を歩いていると、様々な喧騒が自分の周りについて周ります。どこかで、巻き込まれないように、自分の心のスイッチをOffにしておく必要がありますが、そんな時にこの曲は、自分にちょうどいいバイブレーションを運んできてくれます。音楽をただ聞いて、情報を遮断して、自分の空想の世界にトリップできたら最高。サウンドも軽く、ウキウキさせてくれる感じが、この季節の新緑の雰囲気とマッチしているようで、この曲を選びました。

 

 最後になりましたが、皆さんは、この季節、「五月病」に悩んだりすることはありませんか? せっかく新しい季節を迎えているのに、なんとなく、気持ちが前に進まない。ふさぎ込んでしまう。そんな厄介な五月病に効きそうな曲を最後にご紹介しておきたいと思います。

 

Sam Smithで「Love Me More」。

 

youtu.be

 

かつては、自分も、自己嫌悪と葛藤していた時期があった。でも、そんなことはもう、過去の事。今を生きていく中で、もっと自分を愛せるようになってみない?優しいボーカルで呼びかけてくる言葉には、力があり、全ての生きとし生けるものへのテーマソングになっている気がするのです。そう、世の中は、悲しいニュースで溢れていて、私たちは、不安が心を占めていることが、多いような気がします。みんなを楽しませる人たちが、実はとても深い孤独を背負っていることもあるのだと気づかされたりします。

そんな時、自分を自分が愛せるように、そして、人を愛して、愛の言葉を発信していけるように。心の応援歌を聴くことで、まもなく梅雨入りを迎えるこの世界に、パワーを注入していきましょう。

 

一風変わった初夏ソング特集。皆様が心豊かに、夏へ向けて進んでいけますように。